変わり続ける「さわやかさ」の元祖 クロレッツ
ロングセラーパッケージの秘密(8)

(1/4ページ)
2014/6/15 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「息をすっきり、さわやかに」――。機能性を訴えヒット商品となった「クロレッツ」が登場したのは1985年のことだ。10年間まったくパッケージを変更しなかったが、1995年以降は1~2年という短いスパンでリニューアルを繰り返している。「早変わり」は、ひしめく競合との差別化のためだ。時代を映しつつ変化した要素「流行」と、変わらない要素「不易」の二つが融合したロングセラー製品のデザインを読み解いていこう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]