/

この記事は会員限定です

日本メーカーに足りない「独自性」 韓国・台湾勢が追い抜く

[有料会員限定]

「CEATEC JAPAN(シーテック・ジャパン)2012」が10月2~6日に千葉市の幕張メッセで開催された。筆者は4日、講演のためシーテックを訪れ、その後に駆け足で見学したが、昨年感じた以上に日本の家電メーカーの衰退を見ざるをえなかったというのが正直なところである。

筆者は講演で「まだ自分は今年のシーテックを見学していないが、大手家電メーカーの展示内容はだいたい分かる気がする。以前は3D(3次元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5202文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン