海外での資源自主開発を エネルギー白書を閣議決定
石油供給など途絶えるリスクも

2010/6/15付
保存
共有
印刷
その他

政府は15日、2009年度のエネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)を閣議決定した。地球規模で激化する資源獲得競争の中で日本の弱点を分析。主要国に比べ国産エネルギーの自給率が著しく低く、石油などの供給が突然途絶えるリスクがあると指摘し、資源の自主開発権益の確保や石油備蓄の拡大などを課題に挙げた。太陽光など再生可能エネルギーの導入促進も急務とした。

白書は必要な資源量を低コストで確保できている…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]