最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,303.32 +161.77
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,340 +220

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

円90円秒読み 鍵握る米国発リスクオフ

(1/3ページ)
2013/1/15 10:03
保存
共有
印刷
その他

いよいよ安倍政権と日銀の「公武合体」が金融政策決定会合で明らかになる。政権内部はTPP「開国」論議が真っ二つに割れている。ペリー来航時の老中首座が、「阿部」正弘というのも歴史の偶然か。老中阿部は安政の改革に取り組んだが、現代の「安倍」は構造改革を貫けるのだろうか。

外為市場は既に「全面開国」され、ドル円相場も日本側の事情だけでは動かない。

先週末に発表された日本の経常収支赤字拡大、そして週末の「次の日銀総裁には大胆に金融政策を実行できる人物を」との安倍首相テレビ発言などをテコに東京市場が成人の日で休場の中、ドル円は89円を突破。いよいよ90円に向かってカウントダウンが始まった。

15日の昼12時直前に甘利経財相の「過度の円安は国民生活にマイナスも」との発言があり30分ほどで89円60銭から88円60銭近くまで約1円も円が急反発した。ほとんど真空状態の相場で値がこれほど飛ぶことは、相場が投機主導となっていることを意味する。ボラティリティー(価格変動性)も高まり、ドル需給から乖離(かいり)した値動きとなろう。相場の方向性が問題だが、金融政策決定会合で、日本サイドからの円売り要因は、当面出尽くし状態に近くなるので、次の一手は米国サイドのドル買い要因となろう。

14日のオバマ政権第一期最後の大統領会見中継を見ていたが、今までにない強い論調で議会共和党を非難。「債務上限問題を人質にとって身代金を要求するようなもの」と発言していた。かと思えば、「私の娘ももはや父の相手をしてくれず、この大きなホワイトハウスで父は孤独だ。話し相手にはいつでも付き合う」と冗談まじりに語る場面も。

もし、米国連邦債務上限(約16.4兆ドル)引き上げ案に共和党が合意せず、デフォルトの瀬戸際になれば、市場はリスクオフとなり、売り圧力が強い円より、皮肉なことに「避難通貨」として米ドルが選好される可能性がある。リーマンショックからいち早く回復傾向を見せ、シェールガス革命も進行する米国に対し、日欧経済は出遅れ感が強い。債務上限引き上げも、財政の崖同様に瀬戸際で合意され、「政府閉鎖」などの事態は回避されよう。マネーの「安全性への逃避」とは言い難いが、ダントツの市場規模を持つ米国債市場への「流動性への逃避」現象だ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ