/

米小学校で銃乱射、子供20人含む26人殺害 容疑者死亡

【ニューヨーク=共同】米東部コネティカット州ニュータウンのサンディフック小学校で14日朝(日本時間14日深夜)、男が校舎内で銃を乱射し、子供20人を含む26人を殺害した。警察は男が死亡しているのを校舎内で発見した。

米国の近年の乱射事件としては、2007年4月にバージニア州のバージニア工科大で33人が死亡した事件に次ぐ惨事。20人もの子供が学校で射殺される事態となり、米国の銃社会の問題点をあらためて示した。

ニューヨークの日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。

米メディアによると、乱射したとみられている容疑者の男は、母親が現場の小学校の教師で、母親の教室を襲撃。母親と子どもたちを射殺した疑いが持たれている。銃を4丁持ち、防弾チョッキを着ていたという。

容疑者の弟が共犯の疑いで逮捕された。当局者は容疑者の恋人ら2人が行方不明になっているとしている。

サンディフック小学校は5~10歳児が通う。目撃者の友人の女性は、マスクをした男が校長室に押し入り発砲、校長が重傷を負ったと話した。NBCテレビの取材に答えた女児は、大きな音がして子どもたちが泣き始め、教師が近くの事務室に避難させたと話した。

現場はニューヨーク市の北東約100キロ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン