公衆トイレも売り物にする命名権ビジネス最新事情

(1/2ページ)
2013/6/20 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公衆トイレや道路、歩道橋――。2000年代前半から普及した「命名権」は、資金調達のツールとして様々な施設や交通手段などに導入されるようになった。かつては野球場やサッカースタジアムなど、認知度の高い大型施設の事例が話題になったが、もの珍しさが薄れた今、命名権の取引価格はどのように変わったのだろうか。

■新広告主が現れない

横浜国際総合競技場。日産自動車が横浜市から命名権を取得して「日産スタジアム」の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]