/

この記事は会員限定です

政権交代と中国リスク 企業に「パナソニックの教訓」

[有料会員限定]

衆院選で自民党が圧勝し、総裁の安倍晋三が26日に召集予定の特別国会で首相に指名される見通しとなった。対中強硬発言が目立つ安倍。中国の日系企業のあいだでは日中関係悪化を懸念する不安の声が漏れる。撤退を考える企業も増えているが、中国では簡単にはいかない。うまく撤退するには「パナソニックの教訓」を生かせるかどうか――。

「反日が長引く」

「安倍政権になると対中強硬姿勢が強まり、反日が長引く恐れがある」(日系商社幹部)

「反...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3984文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン