ANA、沖縄線で奥の手 深夜貨物便で旅客運べ

(1/3ページ)
2014/5/19 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全日本空輸(ANA)が今夏に運航させる羽田-那覇線の深夜便。4月25日に発売してから3週間で7月分は7割以上の座席が売れ、週末や海の日・お盆近辺では満席便も出始めるなど人気を博す。このフライトは、国内線では異例の貨物便に旅客も搭乗させるというものだ。本来搭載する貨物と搭乗者および手荷物の重量バランスをどうとるかなど、実現の裏では克服すべき技術上の難題は少なくなかった。課題をどう克服したのか舞台裏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]