月400円で70雑誌読み放題、ドコモが定額サービス

2014/5/15付
保存
共有
印刷
その他

ITpro

NTTドコモは2014年5月14日、同社が展開する「dマーケット」で、新たに電子雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」を開始すると発表した(写真1)。提供開始は6月以降で、月額料金は400円(税別)。NTTドコモの契約者以外も利用できるマルチキャリアのサービスである。

[左]写真1 「dマーケット」に新たに電子雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」を追加
[右]写真2 約70の雑誌を定額で読める

[左]写真1 「dマーケット」に新たに電子雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」を追加
[右]写真2 約70の雑誌を定額で読める

定額制で読むことができる雑誌は小学館や講談社、KADOKAWAなどが発行する計約70誌。経済・ビジネスやファッション、芸能・エンタテイメント、スポーツなど幅広い分野をカバーする(写真2)。

dマガジンの特徴はカテゴリーごとに分けられた雑誌名から選択できるだけでなく(写真3)、「お出かけ・旅行」「IT・デジタル」といったジャンルから記事単位で選択できる点(写真4)。複数雑誌を横断して同種のジャンルの記事を閲読できる。

[左]写真3 「dマガジン」の画面。雑誌名から選択できる
[右]写真4 ジャンルを選び、複数の雑誌を横断して記事を閲覧できる

[左]写真3 「dマガジン」の画面。雑誌名から選択できる
[右]写真4 ジャンルを選び、複数の雑誌を横断して記事を閲覧できる

また1ページ単位で記事を保存できる「クリッピング」機能を備える。なお各雑誌は閲覧可能期間が設定されている。期間は雑誌によって異なる。また紙の雑誌の発売日と閲覧開始期間は異なる場合もある。

対応端末はiOS6.1~7.1もしくはAndroid(アンドロイド) 4.0~4.4搭載のスマートフォン(スマホ)およびタブレット。NTTドコモの回線契約が無いユーザーが利用する場合は、別途docomo IDの取得が必要となる。docomo IDは、NTTドコモの回線契約がないユーザーでも取得可能だ。

dマーケット関連ではこのほか、「dアニメストア」が動画符号化の標準規格であるH.265/HEVCに、dビデオがH.264/AVCに対応することが同日発表された。dビデオのH.264対応は当初、無線LAN経由の利用時のみ適用される。

(日経コンピュータ 大谷晃司)

[ITpro 2014年5月14日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]