タイトル不足でスマホと競合 欧米でも苦戦必至のPSヴィータ
ゲームジャーナリスト 新 清士

(1/3ページ)
2012/2/15 7:00
保存
共有
印刷
その他

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の新型携帯ゲーム機「PlayStation(プレイステーション=PS) Vita(ヴィータ)」が22日に、北米と欧州で発売になる。しかし日本と同じように、欧米市場でも非常に厳しい立ち上がりになりそうだ。欧米でのタイトル不足に加え、不明瞭な販売戦略とプレーヤーを呼び込むために必要となるビジネスモデルの弱さが原因だ。

■欧米でソフト市場が育つ気配なし

PSヴィータの米国公式ページ

PSヴィータの米国公式ページ

PSヴィータは、日本でも指摘されていたタイトル不足が改善される見込みがまったくないまま欧米で発売になる。今後もタイトル不足に苦しみ続けるだろう。

「プレイステーションポータブル(PSP)」のソフト市場は事実上、日本にしかないが、PSヴィータが発売されても欧米で新規にソフト市場の形成が進む気配はない。欧米と取引がある企業は、「北米の大手パブリッシャーからPSヴィータ向けにソフトを開発するという話は一切、聞こえてこない」という。

家庭用ゲームのパブリッシャーは、「マルチプラットフォーム戦略」を基本とする。ゲームを開発する際に、可能な限り多くのデータを使い回して、同じ日に多様なゲーム機向けにソフトをリリースしようとする。

現在の欧米のゲームは、パソコンに最も近いハードウエアである「Xbox360」を基本的な開発環境とすることが多い。それを「PS3」に移植し、グラフィックスデータなどに変更を加えながら「Wii」や「ニンテンドーDS」にも展開している。

中核となるゲームは自社で開発するが、移植作業は外部の企業に任せることも少なくない。ゲームの人気を高めブランドを確立できれば、それを全ハードに展開して少しでも稼ぎを上げることを狙う。

ところが最近のPSPは、移植の対象になることがほとんどなくなっていた。欧米では据え置き型ゲーム機が中心で、日本のような携帯型ゲーム機は弱いためだ。子供に食い込んだニンテンドーDSは一定の市場を形成していたが、PSPが対象とする年齢が高い層の子供は据え置き型で遊ぶ。そのためPSP向けの大型タイトルは日本で開発されたものばかりで、欧米で作られたものはほぼ皆無に近かった。

■大手パブリッシャーが見送る本格参入

ゲームサイトやゲーム誌のレビューを総合して平均点を出す情報サイト「Metacritic(メタクリティック)」によると、2011年に欧米でPSP向けにリリースされたタイトルは133本ある。そのうちサイトや雑誌でレビューの対象となったゲームは38本(29%)に留まる。そのうち18本(47%)は日本製だった。

一定水準以上の完成度にあると評価される70点(満点は100点)を超えたタイトルは22本(17%)で、高い評価を受けたのは「タクティクスオウガ 運命の輪」(スクウェア・エニックス)など、ほとんどが日本製のタイトルだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]