「八百長相撲」を暴いたデータ復元とは
携帯電話でもPCと同様に復元可能、ただし技術的なハードルは高い

(1/2ページ)
2011/4/15 7:00
保存
共有
印刷
その他

「八百長問題」に揺れる相撲界。その証拠となったのが、八百長の打ち合わせなどを記した携帯メール。携帯電話の持ち主はメールを消したつもりだっただろうが、パソコンや携帯電話では、データさえ残っていれば復元できるのだ。

パソコンでは、ファイルを「ごみ箱」に移動するだけでは消去されない。「元に戻す」を選択すれば簡単に戻せる。ごみ箱からも消すと画面上に表示されなくなり、通常の操作では戻せなくなる。だが、不可能ではない。Windowsのファイル管理情報に「消去」マークが付けられるだけで、データは残っているからだ。(図1)。新しいファイルによって上書きされるまでは復元できる。そのためのソフトが多数市販されているし、復元サービスを提供する企業も多い。

「削除」してもデータは残る  図1 パソコンや携帯電話における「ファイル削除」の概念図。ユーザーが削除すると、管理情報の上では消えたことになるが、データ本体は消去されない。このため、別のファイルのデータで上書きされるまでは復元できる。

「削除」してもデータは残る  図1 パソコンや携帯電話における「ファイル削除」の概念図。ユーザーが削除すると、管理情報の上では消えたことになるが、データ本体は消去されない。このため、別のファイルのデータで上書きされるまでは復元できる。

携帯電話でも基本的には同じ。ただし、パソコンほど簡単ではない。「メモリーに残っている全てのデータを取り出すことが難しいためだ」(パソコンのデータ解析などを手掛けるユービックの野崎周作氏)。携帯電話に保存されているメールやアドレス帳などはメーカーが取り出し方を公開しているので市販ソフトで簡単に取り出せるが、"見えない"データについては取り出し方を公開していない。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]