JAL、スマートウオッチで空港旅客業務の効率化実験

2014/7/15付
保存
共有
印刷
その他

日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は2014年7月16日からの約1カ月間、iBeaconとスマートウオッチを活用し、空港旅客業務の効率化に関する実証実験を羽田空港第1旅客ターミナルビルで実施する。同ビルに勤務するJALスタッフがスマートウオッチを着用することで、搭乗ゲートなどへの効率的なスタッフの配置や迅速な顧客対応などにつなげるという。

iBeaconは、近距離にあるスマートフォン(…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]