/

鈴木光司さん、米国の文学賞受賞 「エッジ」で

ホラーや心理サスペンスを対象にした米国の文学賞、シャーリイ・ジャクスン賞が14日(日本時間15日未明)、米マサチューセッツ州で発表され、長編部門で鈴木光司さん(56)の「エッジ」(角川ホラー文庫)が受賞した。

「エッジ」は、フリーライターの女性が一家失踪事件の謎を追うサスペンスホラー。

鈴木さんは浜松市出身。「リング」「らせん」などの作品で、ホラーブームをけん引した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン