鉄道140周年記念で特別電車 新橋―桜木町で
JR東日本

2012/10/14付
保存
共有
印刷
その他

日本で1872(明治5)年に鉄道が開業して140周年を迎えた14日、鉄道発祥地の新橋―桜木町間をJR東日本が企画した特別電車「鉄道開業記念号」が親子連れなど約150人の鉄道ファンを乗せて走った。

開業140周年の記念ヘッドマークを付けた特別電車「鉄道開業記念号」(14日、JR新橋駅)=共同

記念のヘッドマークを付けた特別電車は午後0時50分ごろに新橋を出発、横浜、横須賀などを経由して桜木町に約3時間かけて到着した。母親と乗車した横浜市緑区の石黒由朔君(4)は「(特別電車の車両の)205系もいいけど、209系、103系も大好き」とマニアぶりを披露しながら記念走行を楽しんでいた。

車内では明治時代の駅員に扮(ふん)したJR東日本の社員が記念品をプレゼント。途中駅ではホームに集まった大勢の鉄道ファンが熱心にカメラのシャッターを切っていた。

桜木町駅周辺ではことし7月、世界の鉄道車両をリアルに再現した鉄道模型製作で知られる兵庫県芦屋市の原信太郎さんの作品を展示する「原鉄道模型博物館」が開館したほか、140周年を記念するさまざまなイベントが行われている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]