/

米GM、ハンドルから手離して運転 6年以内に実現

米ゼネラル・モーターズ(GM)で自動運転技術開発などを担当するディレクターのジョン・キャップ氏は14日、日本経済新聞などの取材に応じ、高速道路など自動車専用道路でハンドルから手を離して運転できる自動運転技術を「2010年代に投入できる」との見通しを語った。

同氏は14日開幕した「ITS世界会議 東京2013」参加のため来日した。GMは車速調整や車線維持を自動化する技術を組みあわせた「スーパー・クルーズ」と呼ぶ自動運転技術を開発中。キャップ氏はこの技術を6年以内に実用化できるとし「自動車専用道路を走行する際にハンドルを握らなくてもよくなる」とした。

「スーパー・クルーズ」は、人間による操作が必要と判断した場合にはシステムがドライバーに運転操作への介入を求める。キャップ氏は「目的地を入力するだけでたどり着く完全な自動運転の実現には、もうしばらく時間がかかる」と話した。自動運転技術を巡っては日産自動車が20年までの市販を表明しており、大手間の開発競争が本格化している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません