2018年11月13日(火)

サッカー王国通信

フォローする

W杯が突きつけた「サッカー王国」の現実
サッカージャーナリスト 沢田啓明

(1/3ページ)
2014/7/17 7:00
共有
印刷
その他

「ワールドカップ(W杯)が終わって、ほっとしたよ。これでもう、セレソン(ブラジル代表)がボロ負けするのを見なくてすむからな」。13日(日本時間14日)にリオデジャネイロで行われた決勝を取材し、翌日、自宅があるサンパウロに帰り着いてタクシーに乗った際、運転手から聞いた言葉がこれだった。

今回の代表チームは開幕前から「ネイマール依存症」が指摘されていた=写真 浅原敬一郎

今回の代表チームは開幕前から「ネイマール依存症」が指摘されていた=写真 浅原敬一郎

立て続けの失点、メディア「停電起きた」

今回のW杯におけるブラジル代表の成績は3勝2分2敗(得点11、失点14)。順位こそ4位だが、準決勝のドイツ戦で大敗し、名誉挽回を期したオランダとの3位決定戦でも完敗して大会を終えたため、印象が非常に悪い。

準決勝で23分からの6分間に4失点を喫したことについて、国内メディアは「アパゴン(停電)が起きた」と表現した。

スコラリ監督から依頼を受けて大会前と期間中に選手の心理面のケアを担当した女性心理学者は、「序盤に失点して、選手たちがパニック状態になってしまった。そうなると、もうコレクティブ(集合的)なプレーはできない。各自が1人で問題を解決しようと、個人プレーに走ってしまった」と嘆く。

ドイツ戦ではネイマール、チアゴシウバという攻守の柱が欠場を余儀なくされた。戦力面のマイナスもさることながら、チームリーダーであるチアゴシウバを欠いたことで選手たちが精神的なバランスを保つことができなかったのが痛かった。

傑出したアタッカー、ネイマールのみ

とはいえ、冷静に分析すると、今回のチームは開幕前から「ネイマール依存症」が指摘されたように、世界の頂点に立つには戦力が不十分だった。

かつては世界トップレベルのCFや攻撃的MFを輩出していたが、現在はネイマール以外に傑出したアタッカーがいない。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

共有
印刷
その他

サッカーコラム

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

サッカー王国通信 一覧

フォローする
サウジ戦で先制点を挙げたガブリエルジェズス(中央)=ロイターロイター

 サッカーのブラジル代表がサウジアラビアへ遠征し、12日にサウジ代表と、16日にアルゼンチン代表とそれぞれ国際親善試合を行った。この2試合で最も注目していた選手が21歳のFWガブリエルジェズス(マンチ …続き (10/22)

AP

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、ブラジルは準々決勝で敗退して国民を落胆させた。しかし、ブラジルサッカー連盟はチチ監督のチームづくりの方向性を評価し、監督と2022年W杯まで契約を延長。 …続き (9/15)

ゴール前に立ちはだかるベルギーの高くて厚い壁に跳ね返された=沢井慎也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)準々決勝ベルギー戦で、ブラジルは攻めても攻めてもゴール前に立ちはだかる“赤い悪魔”たちの高くて厚い壁に跳ね返された。シュート数がブラジル26、ベルギー8という数字が示 …続き (7/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]