気象庁の「積雪なし」予想大外れ 東京都心

2013/1/14付
共有
保存
印刷
その他

 東京都心は14日、大雪に見舞われたが、気象庁はこの日未明まで「都心で積雪の恐れは小さい」と予想していた。同庁は「気温が予想より大幅に低くなったため」と釈明している。

 気象庁は、東京を対象に午前5時46分に発表した気象情報で「多摩を中心に雪となるが、東京23区で積雪になる可能性は小さい」とし、14日日中の予想最高気温を6度としていた。

 しかし、東京都心(大手町)の気温は、午前1時現在は8.6度だったがその後、下がり続け、正午現在で0.8度。都心では午前10時20分ごろに初雪を観測後も雪が降り続け、気象庁は同10時41分になって東京23区に大雪注意報を発表した。

 今回の大雪は、冬場から春先にかけて本州南岸を低気圧が通り、降水とともに北からの寒気を呼び込んで関東に大雪をもたらす「南岸低気圧」が原因。ただ、低気圧のコースが北寄りになると気温が上がって雨になり、南寄りだと降水そのものがなく雪が降らないなど、予想が難しいという。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

積雪なし東京都心気象庁

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 9:57
6:00
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
10:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報