/

この記事は会員限定です

スマホが変えた「家電値切り」のテクニック

画面を見せたら一気に2万円下がった

[有料会員限定]

家電量販店を取り巻く環境が変わると、商品の値切りのルールも変わる。少し前までは、表示価格がネットより安い店も多かったが、最近はネット通販の価格のほうが安いケースが主流だ。特に郊外型家電量販店の場合は、店頭の価格表示が同じ会社のネット通販より高めの設定になっているケースが目立つ。

とはいうものの、「店頭が高い場合は、ネットの価格と同等までは下げるのが基本」(ケーズホールディングス)と家電量販店各社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン