/

FM東京と電通、放送波使うキャンペーンアプリの配信実験

エフエム東京(FM東京)と電通は2013年3月13日、V-Lowマルチメディア放送波を利用して、番組キャンペーンアプリを配信する実験を実施すると発表した。受信したアプリを利用して、CM放送中に放送と同期して直接キャンペーンサイトを利用できる仕組みを開発、3月18日と19日に、現在V-Lowマルチメディア放送の実証実験を実施している福岡で配信実験を行う(実験試験局の免許主体は九州・沖縄マルチメディア放送)。

今回の配信実験では放送波を利用してプッシュ型で聴取者にアプリ情報を送信する。受信端末ではネット接続しなくても、クーポンなどの有用な情報を取得できる()。

さらに聴取者の端末にネット接続機能がある場合は、放送と通信の機能を連携させて、聴取者の所在地に合わせて地域情報を配信したり、近くの店舗に誘導したりするといったサービスの提供が可能になる。

実験は、V-Lowマルチメディア放送チューナーのついたタブレット端末を用いる。実験用の番組、コンテンツ、CMとクーポンをタブレット端末の放送受信アプリで受信し、CMに連動したキャンペーン情報とクーポンが表示されるかどうかを確認する。今回の配信実験を踏まえて、今後も配信内容を多様化させるなど規模を拡大した実験を行っていく予定という。

こうした取り組みについて、FM東京と電通は「聴取者に対してフレンドリーなコミュニケーションが広がることは、ラジオを活性化しラジオの価値向上につながっていく」と説明している。

(日経ニューメディア 田中正晴)

[ITpro 2013年3月13日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン