2019年8月25日(日)

Win8.1は「設定」充実、カスタマイズが容易になった

(1/3ページ)
2013/12/25 7:00
保存
共有
印刷
その他

2013年10月17日に提供が始まった、Windows(ウィンドウズ)8の改良版「Windows 8.1」。評判がふるわなかったウィンドウズ 8だが、中でも戸惑いが多かったのはパソコンの「設定」関連。設定項目の少なさに、使いづらさを感じたユーザーは多かった。8.1は8からどのように改良されたのか、進化した部分を紹介しよう。

ウィンドウズ8/8.1でもOSに関する設定の多くはコントロールパネルで行う。スタートメニューがないので戸惑うが、図1で示した2つの方法で呼び出すのが簡単だ。コントロールパネルの設定項目やそのカテゴリー分けは7とほとんど同じなので、迷うことはないはずだ。

図1 デスクトップでチャームを開いて「設定」を選ぶと、「コントロールパネル」という項目があるのでそれをクリック。あるいはスタートボタンを右クリックして「コントロールパネル」を選んでも、コントロールパネルを開ける。コントロールパネルの機能や設定手順はウィンドウズ7とほぼ同じだ

図1 デスクトップでチャームを開いて「設定」を選ぶと、「コントロールパネル」という項目があるのでそれをクリック。あるいはスタートボタンを右クリックして「コントロールパネル」を選んでも、コントロールパネルを開ける。コントロールパネルの機能や設定手順はウィンドウズ7とほぼ同じだ

Wi-Fi(無線LAN)の設定は8.1も8と同じ。デスクトップのタスクバーで電波のアイコンをクリックすると、画面右側にパネルが開いて親機が一覧になる(図2)。これは、チャームの「設定」からたどったときに開くパネルと同じものだ。従来のタスクバーと新型のチャームを融合させたインタフェースといえるだろう。

図2 デスクトップのタスクバーにある電波のアイコンをクリックすると、右側にWi-Fi(無線LAN)設定のパネルが開く。チャームの「設定」からたどっても同じパネルが開く。接続したい親機をクリックして設定を進める

図2 デスクトップのタスクバーにある電波のアイコンをクリックすると、右側にWi-Fi(無線LAN)設定のパネルが開く。チャームの「設定」からたどっても同じパネルが開く。接続したい親機をクリックして設定を進める

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。