モバイルの達人

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スマホを世界展開の先鋒に 「10億ユーザー」狙うグリーの胸算用
ジャーナリスト 石川 温

(1/3ページ)
2012/4/16 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「10億人が利用するサービスを目指す」――。田中良和社長が最近よく口にするこの言葉を実行に移すため、ソーシャルゲーム大手のグリーが世界展開の準備を進めている。

 まず今年6月までに、統一ゲームプラットフォームの日本語版と英語版を全世界で提供し、それから数カ月かけて合計14の言語に展開する計画だ。世界展開の第一歩として今年2月にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress(MWC)」で、同社は初めてブースを出展。世界の携帯電話会社やコンテンツプロバイダー、端末メーカーと商談の場を持った。

■スマホの普及で変わる各国への展開

グリーは今年2月にスペイン・バルセロナで開催されたMWCに初めて出展した
画像の拡大

グリーは今年2月にスペイン・バルセロナで開催されたMWCに初めて出展した

 グリーが世界展開を本格化させたのは、直近の1年程度にすぎない。昨年1月に米サンフランシスコに子会社を設立し、中国のインターネットサービス企業のテンセントと業務提携を結んだ。4月にはソーシャルゲームプラットフォームとして世界的に認知されていた米オープンフェイントを完全子会社化している。開発スタジオは日本だけでなく、中国、米国、韓国にあり、間もなく英国にも立ち上がる予定だ。

 「スムーズではなかったが、スピーディーに展開できている。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)へ速く浸透できたことで、想定した以上のスピードで物事が進んでいる」と相川真太郎事業推進本部長は振り返る。

 グリーは日本で、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)からスマホへの移行を順調に進めている。「ユーザーのARPU(1契約あたり月間収入)は、スマホに移行しても変わらない」(相川氏)という。

 ただし世界に目を転じると、事情は大きく異なる。北米や欧州はユーザーの可処分所得が高く、スマホの普及が進んでおり、日本と同様の展開を期待できる。一方で中国はソーシャルゲームに近いオンラインゲームがはやっているものの、政府による規制が厳しい。スマホの普及率は低いが、今後の市場拡大を期待できる。

 グリーは日本では、最初は無料でゲームを楽しんでもらいゲームで使うアイテムを有料で販売する「アイテム課金」で売り上げを高めている。世界でも同様のノウハウで勝負するつもりなのだろうか。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

モバイルの達人 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

iPhone8最速レビュー 10年の集大成、高い完成度 [映像あり][有料会員限定]

 米アップルのスマートフォン(スマホ)の新製品発売日である9月22日がいよいよ目前に迫ってきた。今回発売となるのは「iPhone8」「iPhone8プラス」の2製品。10周年モデルといわれている、ホー…続き (9/19)

新製品発表会に登壇した米アップルのティム・クックCEO

新iPhoneにAIチップ アップルが見つけた次の10年 [有料会員限定]

 米アップルが9月13日(日本時間)に、新社屋のスティーブ・ジョブズ・シアターで発表した新スマートフォン(スマホ)「iPhone8」と「iPhoneX(テン)」。既に各種報道にあるように、iPhone…続き (9/14)

新iPhone発表会場の近くで、新料金施策について語ったKDDIの田中孝司社長

KDDIの新iPhone、「毎年買い替えプラン」で勝負 [有料会員限定]

 9月13日(日本時間)、アップルが新社屋のスティーブ・ジョブズ・シアターで、最新スマートフォン(スマホ)のiPhoneおよび腕時計型端末「アップルウオッチ」の新型を発表した。
 会場には、NTTドコモ…続き (9/13)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月26日(火)

  • Uber、ロンドンで営業免許更新されず―新CEOの対応は?
  • その爆弾処理ロボットは、仮想現実によって「その場にいる感覚」で操作できる
  • LTE通信に対応したApple Watchは、「次世代のiPhone」だった

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月26日付

2017年9月26日付

・ファーストブランド、専門家の営業支援サイトで英語版、訪日客狙う
・アルプス電気、車載レーザー部品に参入 小型レンズの技応用
・自動運転 向かい合うシート 180度回転 米アディエント提案
・芦森工業、シートベルト部品生産を大阪に移管 年産能力2倍
・介護大手のMCS、「日本式」サービスで中国市場開拓…続き

[PR]

関連媒体サイト