/

この記事は会員限定です

瞬発力あれど持続せず ホンダの魅力と限界

ナカニシ自動車産業リサーチ代表 中西孝樹

[有料会員限定]

ホンダが満を持して投入した「フィット・ハイブリッド(HV)」が昨秋から今年にかけ、半年間で3回もリコールを出すという品質問題が発生し、成功の陰に隠れた新技術への挑戦の難しさが浮かび上がっています。品質確保を優先する結果、今年度の新車投入スケジュールにも影響が及び始め、「2016年度世界販売600万台」達成へ疑問の声も聞こえてきます。現在のホンダは最も果敢な挑戦を続けている自動車メーカーの一つだと考...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン