スタバとキリン、物流網死守へ他社の知恵 切れないサプライチェーンづくり(3)

(1/3ページ)
2011/9/20 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 サンドイッチや牛乳などチルド(低温保存)品を扱う宮城県の物流センターが津波で復旧不能となったスターバックスコーヒージャパン。他拠点の活用で被災地への商品供給は維持したが、これを機に同社はドライ(常温保存)とチルドで分けていた物流網を統合し、商品供給の安全度を高める検討を始めた。仙台工場が被災したキリンビールも、トラック網と鉄道網の併用を開始した。連載「切れないサプライチェーンづくり」の最終回は、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]