/

「すき家」、深夜の1人勤務見直し 強盗被害受け

牛丼店「すき家」を狙った強盗が多発している問題で、運営会社ゼンショーを傘下に持つゼンショーホールディングスは13日、防犯対策として深夜帯の1人勤務を見直すと発表した。年末までに全店舗の6割、2012年3月末までに全店で複数での勤務に改める。

警察庁によると、今年1~9月に牛丼チェーンで起きた強盗事件の約9割が「すき家」を標的にしており、深夜帯に従業員が1人しかいないことが原因の1つだと指摘していた。同社はこれまでに各店舗で防犯講習を実施するなどの対策を講じてきたが、12日に警察庁から対策の強化を求められ、店舗運営を見直すことにした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン