/

この記事は会員限定です

新型高齢者住宅が急増、入居者の望みは「終の住み家」

[有料会員限定]
 「サービス付き高齢者向け住宅」が急増している。制度化から1年半で登録戸数は11万を突破。一方、開設ラッシュの裏で、入居者獲得や価格競争などの厳しさは増しつつある。現状、入居者の平均年齢は約83歳で、その7割弱は要介護者。入居者がサ付き住宅に求める真のニーズは、看取り(みとり)に対応した「終の住み家」にある。

サービス付き高齢者向け住宅(サ付き住宅)が、2011年10月に「高齢者専用賃貸住宅」(高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4664文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン