東芝ソリューション、ITで高齢者の見守りや健康管理

2013/8/13付
保存
共有
印刷
その他

東芝ソリューションは2013年8月13日、ITを活用したヘルスケア事業を新たに展開し、「高齢者向け在宅サービス」を提供すると発表した。東芝グループでは、ヘルスケア事業を注力事業のひとつとしており、今回のサービスはその一端を担うものとなる。

高齢者向け在宅サービスは、健康な高齢者と、離れて暮らす子世代をターゲットとする。第一弾として、「安心」と「健康」を核としたサービスを今秋より開始し、順次「楽しみ」や「便利」といった分野のサービスとコンテンツを拡充する。

安心面では、タブレット端末の利用状況や登録した健康情報、服薬の記録状況など、親の生活状況や健康状態を遠隔地の子世代家族が把握できる見守りサービスを提供する。健康面では、Bluetoothに対応した健康機器と連携し、血圧や脈拍、体重などの健康データを自動的に健康管理サーバーに記録したり、設定した服薬時間に薬の時間を知らせたりといった健康管理サービスを準備する。

楽しさを追求するサービスとしては、テレビ電話や手書きメールなど高齢者でも使いやすいコミュニケーションツールを用意するほか、エンタテインメント業界や旅行業界などの大手企業と連携したコンテンツやサービスも予定している。利便性の向上に向けたサービスでは、地域の流通サービス企業と連携し、食材や生活用品などを取り寄せるサービスや、地域情報、最新ニュース、防災情報などをテキストと音声で繰り返し自動再生するサービスを提供するという。

東芝ソリューションでは今後、各サービスの業界大手企業と連携しながら同事業を拡大する方針。将来は高齢者だけでなく、家族、母子、子供、女性、ペット向けなど、生活全般を支援するサービスを展開し、ライフケアサービス事業の拡大を目指す。

(ITpro 藤本京子)

[ITpro 2013年8月13日掲載]

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]