アメーバ不正ログイン 「仮想通貨」履歴も閲覧の恐れ

2013/8/13付
保存
共有
印刷
その他

サイバーエージェントは2013年8月12日、同社が運営する「Ameba(アメーバ)」に24万3266件の不正なログインが行われ、ニックネーム、メールアドレス、生年月日、居住地域、性別などのユーザー情報および仮想通貨「アメゴールド」「コイン」の履歴情報が閲覧された可能性があると発表した。氏名は流出しておらす、仮想通貨の不正利用など被害報告は確認されていないという。

Amebaのトップページ(2013年8月12日時点)

不正ログインが発生していた期間は、2013年4月6日から8月3日。件数は24万3266件だが、現在調査中のため件数が増減する可能性があるとしている。

同社では8月8日から8月11日までの間に、社内で調査を実施し、断続的な不正ログインを確認したという。不正ログインの対象になったユーザーに通知およびパスワードの変更依頼のメールを送付し、渋谷警察署生活安全課に被害を届け出ている。

不正ログインの手法については「昨今インターネットサービスで発生しているものと同様に、他社サービスから流出した可能性のあるID・パスワードを利用して行っているものと推測される」(サイバーエージェント)としている。

(ITpro 高橋信頼)

[ITpro 2013年8月13日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]