/

海岸の落とし穴転落死、妻と友人ら7人書類送検

石川、重過失致死などの疑い

石川県の海岸で8月、金沢市の会社員出村裕樹さん(当時23)と妻(当時23)が落とし穴に誤って転落、死亡した事故で、津幡署は13日、重過失致死と海岸法違反の疑いで、友人の男女6人と、妻を被疑者死亡のまま書類送検した。

書類送検容疑は8月27日、同県かほく市の砂浜で、砂が崩れる恐れがあるのに注意義務を怠り、深さ約2.3メートル、直径約1.8メートルの穴を掘り、出村さんを転落させた上、崩落した砂に埋没させ窒息死させた疑い。また県知事の許可なく穴を掘った疑い。

妻は出村さんを連れて穴のある場所に行き、誤って一緒に落ちた。妻が穴を掘ることを発案し、友人6人と一緒に掘ったという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン