/

大村・次期愛知県知事、橋下氏らと連携し「国政へ影響力」

15日に愛知県知事に就任する大村秀章氏は13日午前、フジテレビの番組で国政との関係について「国政への影響力は持ち続けたい」と述べ、河村たかし名古屋市長や橋下徹大阪府知事と連携して国政への発信力を強めていく考えを強調した。

大村氏は自身が率いる「日本一愛知の会」の中京都構想を実現するには「地方自治法を変えなければいけない」と指摘。そのほか税制や都市計画を例に挙げ、政府や国会に対してさまざまな制度変更を訴える考えを明らかにした。

衆院愛知選挙区の補欠選挙をはじめ国政に地域政党として候補者を擁立するかどうかについては「それは次の話だ」と明言を避けた。これに対し、自民党の茂木敏充広報本部長は「国政に関与するなら減税だけでは困る。単一項目だけを掲げて選挙に勝利すれば結局、民主党と一緒になる」と注文をつけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン