/

この記事は会員限定です

合羽橋の100年商店、売上高を1.3倍に増やす「伝え方」

[有料会員限定]
 東京・台東区にある、日本一の道具街、合羽橋商店街(かっぱ橋道具街)の老舗料理道具店が変身を遂げた。年商を1.3倍にした釜浅商店の店舗リニューアルは、あるデザイナーとの出会いから始まった。2011年3月の震災直後に変身した同店は、日本ディスプレイデザイン協会主催の「ディスプレイデザイン賞」で2011年度優秀賞を獲得したり、2013年9月にはフランス・パリで開催の「デザインウイーク」に出展したりするなど注目の的だ。合羽橋のにぎわいには陰りが見えるなか、釜浅商店には外国人観光客を含む多くの顧客が訪れるようになった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2076文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン