2017年11月18日(土)

デンマークで福祉ロボット ドコモとテムザックが実験

2014/6/13付
保存
共有
印刷
その他

日経デジタルヘルス

基本協定書(MOU)締結式の様子

基本協定書(MOU)締結式の様子

 テムザックとNTTドコモは、デンマークのコペンハーゲン市とファーボ・ミッドフュン市において、介護・医療の現場でロボットを幅広く活用するための実証試験を開始する。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトとして実施するもの。実証試験の開始に先立ち、2014年6月10日にコペンハーゲン市で事業開始に関する基本協定書(MOU)が締結された。

 テムザックとNTTドコモは、通信機能を搭載した電動車いす「NRR」(New Robot Rodem)を開発。デンマークの介護・福祉施設や高齢者住宅に導入し、現地ニーズに対応するための研究開発と実証実験を実施する。現地の介護・福祉施設において、実際の被介護者を対象に、介護者のサポートを得ながら、実証のプロトコル(手順書)作成、データ収集・分析を進める。

 デンマークでは少子高齢化が進み、医療や介護などに掛かる費用が国家財政の多くを占め、年々増加する傾向にある。今回の事業はNEDOが2012年に実施したデンマークにおける各種調査に加え、2014年3月の日本・デンマーク首脳会談における共同声明の「ウェルフェアテクノロジー(ロボットのような支援器具及び技術)における具体的な協力」により、両国の協力関係のもとで実施される。

 今後はこのプロジェクト期間中に、EU域内の福祉機器輸出に必要な欧州医療機器指令に適合していることを証明する「CEマーキング」を取得し、実際に現地の施設にて車いすを導入、実証データを取得する。2015年度の実用化に向けた開発を進め、NRRの将来的な普及拡大を目指す。

(日経デジタルヘルス 小谷卓也)

[日経テクノロジーオンライン 2014年6月12日掲載]

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報