/

この記事は会員限定です

鳥の翼や猫の舌…9製品に機能を採用 シャープの狙い

生物模倣(3)

[有料会員限定]
 動植物の仕組みや構造を工業製品に応用する生物模倣技術への関心が企業の間で高まっている。今回(本連載の第3回)は、とりわけ生物模倣技術の採用に積極的なシャープの事例を解説する。同社は、鳥の翼の形状をエアコンの室外機のファンに採り入れたほか、掃除機のごみ圧縮用のブレード(羽根)に猫の舌からヒントを得た工夫を施すなど、既に9製品に生物模倣技術を採用。従来とは異なる視点からの製品開発に取り組んでいる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3498文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン