/

この記事は会員限定です

山手線7駅でiPhone5を実測、速度も接続もKDDIに軍配

KDDI対ソフトバンク LTEの実力診断(1)

[有料会員限定]

米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)最新機種である「iPhone5」が発売されて、間もなく1カ月。同製品は高速データ通信方式のLTEに対応したことを特徴としており、同製品を扱うKDDI(au)とソフトバンクモバイルも、同製品の発売に合わせてLTEの商用サービスを開始した。

両社はそれぞれ、LTEのサービスエリアの広さや通信速度の高さなど、さまざまな指標を持ち出し自社の優位性を主張...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン