クリーンテック最前線

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

プラグインハイブリッド車、ひっそり発進
今後は市場が急拡大

(1/4ページ)
2012/4/16 7:00
共有
保存
印刷
その他

 日本の自動車史において、2012年は一つの節目になりそうだ。1月末、プラグインハイブリッド車(PHVまたはPHEV)が国内で初めて量産車として売り出されたからである。トヨタ自動車の「プリウスPHV」がそれだ(図1)。

図1 「プリウスPHV」(左)の見た目は従来のプリウスとほとんど同じ (写真:筆者)
画像の拡大

図1 「プリウスPHV」(左)の見た目は従来のプリウスとほとんど同じ (写真:筆者)

 価格が320万円(グレードS)からと高額なこともあり、車両販売台数は1カ月当たり1000台前後とまだ少ない。今ではすっかり市民権を得たハイブリッド車(HVまたはHEV)に比べると1~2桁低い数字だ。同社の小型HV「アクア」が発売後1カ月で12万台の受注を獲得するなど大ヒットしており、同じエコカーとしてその裏側に隠れてしまった感もある。

 ひっそりとした発進ではあるが、車両価格が今後下がっていけば、PHVの市場は急速に拡大すると筆者は予想している。PHVは、HVよりも燃費に優れており、充電インフラを気にしなくていいので当面は電気自動車(EV)よりも使いやすい。しかも、EVと同様に大容量の蓄電池を搭載しているので、停電時の非常用電源機能やスマートグリッドにおける電力需給調整機能といった副次的効果も狙える。つまり、単なる燃費改善だけではなく、日本が直面している電力危機の対策にも寄与できるのだ。

 こうした点を考慮すると、HVよりPHVの方が社会に与えるインパクトは確実に大きい。実際、トヨタだけでなく三菱自動車やホンダもPHVを製品化、相次いで市場に参入することを明らかにしている。

 経済産業省もPHVに期待する。同省は「次世代自動車戦略2010」で、2020年のEVとPHVの普及目標を15~20%と設定している。これは、台数に換算すると年間60万~80万台という販売規模である。EVとPHVが同程度に普及すると仮定すれば、PHVの年間販売台数は30万~40万台ほどということになる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

電気自動車が各社から続々登場

第3のエコカー「低燃費車」が台頭

日経BPの関連記事

【PR】

クリーンテック最前線 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 各設備に設置するコントローラー(写真: Regen Energy)

小規模ビルもITで省エネ 簡単設置で導入コストの壁破る

 小規模ビルでも導入しやすいBEMS(ビルエネルギー管理システム)が北米で注目されている。ビルの電力を制御してエネルギー効率を上げるBEMSは、大規模なビルほど省エネ効果が大きく導入が進んでいるが、小…続き (2013/8/14)

写真1 東京ゲートブリッジ(写真:東京都港湾局)

どこでもセンサー、社会変える「ソーシャルデバイス」

 道路や橋、上下水道といった社会インフラの老朽化が深刻さを増している。とりわけ日本は人口減少も始まっており、インフラの保守・保全は社会全体の大きな課題と言える。こうした課題解決を支援するものとして注目されている…続き (2013/8/7)

図1 テラモーターズの電動バイク「A4000i」

バイクとスマホ 「必需品」でアジアに挑むベンチャー

 「バイク業界のテスラモーターズを目指す」――。二輪車のベンチャー企業テラモーターズ代表取締役社長の徳重徹氏は2013年7月11日、「iPhone」と連携させることが可能な世界初の量産型電動バイク「A…続き (2013/7/31)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月26日(火)

  • Uber、ロンドンで営業免許更新されず―新CEOの対応は?
  • その爆弾処理ロボットは、仮想現実によって「その場にいる感覚」で操作できる
  • LTE通信に対応したApple Watchは、「次世代のiPhone」だった

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月26日付

2017年9月26日付

・ファーストブランド、専門家の営業支援サイトで英語版、訪日客狙う
・アルプス電気、車載レーザー部品に参入 小型レンズの技応用
・自動運転 向かい合うシート 180度回転 米アディエント提案
・芦森工業、シートベルト部品生産を大阪に移管 年産能力2倍
・介護大手のMCS、「日本式」サービスで中国市場開拓…続き

[PR]

関連媒体サイト