2019年5月24日(金)

「米経済活動、穏やかに拡大続く」 米地区連銀報告

2011/1/13付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=岩本昌子】米連邦準備理事会(FRB)が12日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)は、総括判断で「米経済活動は、11月から12月を通して穏やかに拡大を続けている」と指摘した。製造業や小売業、非金融サービスが金融サービスや不動産よりも良い状態である傾向が各地区でみられた。

製造業は全地区で回復が続いたと報告した。特にリッチモンドとシカゴでは受注が増加した。小売業でも全地区が、年末商戦の売り上げは昨年よりも高水準だった。いくつかの地区では予想を上回る売り上げだった。

非金融サービスは10地区で需要が拡大したと報告。金融市場はまだら模様だった。フィラデルフィアやリッチモンドで借り入れ需要が伸びた一方、セントルイスやダラスでは落ち込んだ。

住宅市場は全地区で依然として弱かった。商業不動産は、建築が停滞しているものの、賃貸はリッチモンドやシカゴなど4地区で増加した。

物価は大部分の地区で製造業と小売業の双方でコストが上昇していると指摘。ただし、最終価格にはわずかな影響しか及んでいない。雇用は大部分の地区でやや堅調になってきている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報