/

グーグルグラス対抗メガネ型機器 国内ベンチャー、より低価格で提供へ

写真1 頭部の目の部分に装着するウエアラブル機器「Telepathy」

Telepathy(テレパシー)は、米テキサス州オースチンで開催中のイベント「South by Southwest Interactive」の展示会場で、開発中のウエアラブル機器「Telepathy」(写真1)を初披露した。米国で2013年クリスマス商戦を目標に発売する予定である。

Telepathyは、ユーザーの頭部に付けるウエアラブル機器。目の部分にディスプレイとカメラを設置し、ユーザーには目の前に5インチ相当のディスプレイが表示されているように見える。

今回の展示で使われたデモ機器にはまだ付いていないが、完成時には外界を映すカメラも搭載する予定。

写真2 Telepathyを付けて来場者に説明する井口尊仁氏

Bluetooth(ブルートゥース)で外部と通信し、メールやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)の情報をいつでも表示したり、逆に見ている情報を外部に送信して共有したりできる。

Telepathyの創立者である井口尊仁氏(写真2)は、AR(仮想現実)技術を使った「セカイカメラ」を開発した頓知(とんち)ドットの創立者。2012年11月に頓知ドットを退社し、Telepathyを開発するために新たに会社を設立。一部の関係者の間で、どのような製品なのか注目が集まっていた。

井口氏は、今回の新製品を開発した狙いを、「幸せを目に見えるようにする」と語る。

今回のTelepathyは、米Googleが開発している「Google Glass(グーグルグラス)」と似た製品になる。Google Glassとの違いについては、「Telepathyの方が手ごろな価格で、よりファッショナブルだ」(井口氏)とアピールした。

(ITpro 根本浩之)

[ITpro 2013年3月12日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン