インディゲーム革命前夜 支えるファンの金と知恵
ジャーナリスト 新 清士

(1/4ページ)
2014/3/14 7:00
保存
共有
印刷
その他
 インディーズ(=インディ、独立系)ゲームの大規模イベント「ビットサミット」が今月7~9日、京都市の総合展示場「みやこめっせ」で開かれた。今年が2回目となるこのイベントには100以上のインディゲーム関連企業・団体が出展。海外からの参加者・来場者も多く、国際色が強いイベントとなった。インディゲーム開発者は小規模の事業者が多い。彼らの大きな悩みは、どのようにして開発中の資金を得るか、ゲームを多くのユーザーに知ってもらうかの2つだ。ユニークな手法でこうした課題の克服に挑むインディゲーム開発者を取材した。

京都市で開かれた「ビットサミット」会場の様子

京都市で開かれた「ビットサミット」会場の様子

■PS4向けインディゲームを発表

インディゲームは数人から10人程度と小規模の企業やチームが開発するゲームを指す。開発に多額の資金を投じる大手ゲーム会社が手がけられないような、自由奔放な表現や内容を追求するケースが多い。学生や就職前の若いゲーム開発者から大手ゲーム会社を飛び出したベテランまで、インディゲーム開発者の顔ぶれは実に多彩だ。

欧米では今、インディゲームが新興勢力として大きなブームになっている。大手メーカー製ではない、独立系企業が開発したゲームの中からヒット作が続々と生まれているのだ。これに対し、日本ではインディゲームの広がりはまだ小さい。家庭用ゲームの大手メーカー各社がこれまでインディゲームを積極的に扱ってこなかったため、販売ルートがほとんど確立していないのだ。

ビットサミットに出展したSCEのブース

ビットサミットに出展したSCEのブース

こうしたなか、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は新型の家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の発売に合わせ、新作インディゲームを発表。ビットサミットにもブースを構えるなど、有力なインディゲーム取り込みに向けた動きを強めている。昨年9月開催のゲーム見本市「東京ゲームショウ2013」でインディゲームブースがにぎわうなど、日本でも少しずつ注目度が高まりつつある。

開発者にとってインディゲームの魅力は、自分が面白いと思うものを自由に開発できることだろう。大手ゲーム開発会社ではそうはいかない。ゲームソフトの開発やプロモーションに大きな資金を投じるだけに、リスクの高い作品は避けようとする傾向が強いからだ。

■開発資金とプロモーションで苦労

半面、インディゲーム開発者には開発資金やプロモーションの苦労が常につきまとう。ゲームの開発は数年に及ぶことも多い。個人事業主に近い彼らにとって、その間の生活を支える費用を捻出するのは容易ではない。また、大手と違って広告宣伝にかける費用の余裕はなく、マーケティングでも苦戦を強いられてしまう。自分が開発したゲームをユーザーに知ってもらうことが大変なのだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]