/

この記事は会員限定です

永田町アンプラグド されど自民税調 消費増税後、出番待つ6人

[有料会員限定]

10日朝の自民党本部5階。野田毅、額賀福志郎ら自民党税制調査会の最高幹部が次々と現れた。「ひとまず投資減税の議論を進めよう」。「インナー」と呼ばれる非公式幹部会のメンバーが擦り合わせたのは、首相、安倍晋三が2014年4月からの消費増税を最終決断するまで、環境整備に徹することだった。

税にたずさわる人々の間で「インナー」は、ことのほか重みを持つ。かつて自民党単独政権時代には、党の税制大綱がそのまま、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン