ジョブズを超える最強英語フレーズ10
ゴーン社長、米スタバCEO、バフェット氏に学ぶ

(1/3ページ)
2012/9/15 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 書籍「スティーブ・ジョブズの英語プレゼン」が大ヒットした。しかし、自己表現を学べる経営者は他にもいる。まず日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEO。フランス語が母国語なだけに、英語では表現が明快。米スターバックス・コーヒーのハワード・シュルツ会長兼社長兼CEOは接客業だけに言葉遣いが優しい。天才投資家のウォーレン・バフェット氏は2011年、東日本大震災後に福島県を訪れ、日本を励ました。日経情報ス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]