竜巻の脅威、技術でしのげるか 1500棟損壊被害の教訓

(1/3ページ)
2013/11/20 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 気象庁の「竜巻等の突風データベース」によると、家屋の全壊・半壊を伴う突風被害は2013年に国内で6件発生している(11月12日時点)。中でも、9月2日に千葉県で発生した竜巻は、約1500棟の家屋を損壊させる大規模なものだった。被災直後の現地の状況や専門家の分析をお伝えする。

「ゴーという音がしたので窓の外を見たら、ビニール袋や紙切れ、木の板のようなものが飛んでいた。身の危険を感じたので1階に下り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連キーワード

電子版トップ



[PR]