/

この記事は会員限定です

セル生産や接客、医療の「限界」 iPadで突破

ポストPC時代(3)

[有料会員限定]
 ビジネスの現場にあった業務の「限界」を、米アップルの「iPad」や韓国サムスン電子の「Galaxy Tab」などタブレット端末で打ち破る。三菱重工業ではセル生産の限界をiPadで突破。大成建設は工事現場での図面や工程表の閲覧を、全日本空輸(ANA)は機内での業務マニュアルの閲覧を容易にして業務効率を改善。佐賀県では急患の搬送時間を大幅に短縮できた。情報の作成よりも閲覧を主眼にした、タブレット端末やスマートフォンといった「ポストPC(パソコン)」端末。前回(連載第2回)紹介した「売り場」でのスマートフォン活用事例に続き、今回は「製造/工事現場」「乗り物」「医療現場」のシーン別にタブレット端末による最新情報活用事例に迫る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン