/

この記事は会員限定です

常識破りの立体ディスプレー、プロジェクターが創る新体験

[有料会員限定]
 平面スクリーンに長方形の映像を表示するための装置――。この前提でこれまで開発が進められてきたプロジェクターに対して、新たに「+α(プラスアルファ)」の機能が求められている。「プロジェクションマッピング」など立体物に映像を投影する「立体ディスプレー」の注目度の高まりが、その背景にある。プロジェクターが立体形状を持った投影面に応じて、映像を動的に補正する機能を装備することで、ディスプレーに「新たな世界」が生まれつつある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4981文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン