/

この記事は会員限定です

スプリントは「優良物件」か LTE整備に遅れ、追加投資が負担に

ソフトバンクが買収交渉

[有料会員限定]

ソフトバンクからの買収交渉が明らかになり、一躍脚光が当たった米スプリント・ネクステル(Sprint Nextel)。米国携帯電話3位の同社は、ここ数年は常に買収や合併の対象として取り沙汰されてきた。スプリントが置かれた状況を、これまでの業界再編の経緯や今後の投資計画などから解説する。

非効率なネットワークに苦しむスプリント

米国の携帯電話業界では、加入者数でトップのAT&Tモビリティーと同2位のベライゾン・ワイヤレスが「2強体制」を形成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン