クリーンテック最前線

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

世界3位の地熱資源大国 「温泉発電」で脱・宝の持ち腐れ

(1/3ページ)
2013/6/19 7:00
共有
保存
印刷
その他

 資源量では世界で第3位と豊富であるにもかかわらず、活用がまだあまり進んでいない再生可能エネルギーが日本にある。「地熱」だ。

図1 地熱資源量と地熱発電設備容量の上位8カ国の比較。円の大きさは設備容量を資源量で割った値、つまり地熱資源の活用度合いを示す(出典:日経BPクリーンテック研究会資料などを基にテクノアソシエーツが作成)
画像の拡大

図1 地熱資源量と地熱発電設備容量の上位8カ国の比較。円の大きさは設備容量を資源量で割った値、つまり地熱資源の活用度合いを示す(出典:日経BPクリーンテック研究会資料などを基にテクノアソシエーツが作成)

 2012年7月に導入された固定価格買取制度(FIT)によって、太陽光や風力など再生可能エネルギーによる発電設備は急速に増加している。とりわけ、買取価格が高く設定された太陽光発電の伸びが著しい。米IHS iSuppliの調査によれば、システムの費用が高価なこともあり、太陽光発電では日本の市場規模が今年(2013年)、中国やドイツを上回り世界最大になるという。

 一方、地熱発電は、FITの恩恵を十分に享受するまでには至っていない。大規模な太陽光発電所、いわゆる「メガソーラー」の建設が各地でブームとなっている感があるが、地熱はそうしたブームからは程遠い。発電した電力の買取価格は1kWh当たり42円(出力1万5000kW未満の場合)と、太陽光と比べても遜色ないが、なぜこのような違いが生じてしまったのだろうか 。

■国際的にも立ち遅れた地熱の活用

 環太平洋火山帯に位置する日本は、発電ポテンシャル(能力)が2300万kW以上と、米国、インドネシアに次ぐ膨大な地熱資源量を誇る。ところが、地熱発電所として有望な地域が国立公園などの中にあることによる規制や、付近の温泉地で温泉が枯渇するのではといった懸念や反対運動など様々な課題があった。政府が昨年(2012年)のFIT開始までほとんど地熱発電の普及促進施策を行なってこなかったことも影響を及ぼしている。

図2 九州電力八丁原地熱発電所(写真:九州電力)
画像の拡大

図2 九州電力八丁原地熱発電所(写真:九州電力)

 電力事業者が設置した地熱発電所では、1999年に東京電力が八丈島に建設した八丈島地熱発電所(出力3300kW)を最後に10年以上新設されていない。世界8位の発電量といっても、国内電力需要のわずか0.3%を占めるにとどまる。地熱資源の開発や活用において、アイスランドやメキシコ、フィリピンといった発電ポテンシャルがはるかに低い国々よりも立ち遅れているのが、我が国の地熱発電の現状である(図1)。

 とはいえ、日本でもこうした状況を打開し、地熱エネルギーを活用しようという動きが出てきている。国内で稼働中の主要な地熱発電所は現在17カ所あり、東北と九州に大半が存在する。例えば、九州電力は滝上発電所や八丁原(はっちょうばる)発電所など6カ所の地熱発電所を運転中である。八丁原発電所には出力5万5000kWのタービンが2基あり、合計11万kWは地熱発電所として日本で最大の規模である(図2)。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

クリーンテック最前線 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 各設備に設置するコントローラー(写真: Regen Energy)

小規模ビルもITで省エネ 簡単設置で導入コストの壁破る

 小規模ビルでも導入しやすいBEMS(ビルエネルギー管理システム)が北米で注目されている。ビルの電力を制御してエネルギー効率を上げるBEMSは、大規模なビルほど省エネ効果が大きく導入が進んでいるが、小…続き (2013/8/14)

写真1 東京ゲートブリッジ(写真:東京都港湾局)

どこでもセンサー、社会変える「ソーシャルデバイス」

 道路や橋、上下水道といった社会インフラの老朽化が深刻さを増している。とりわけ日本は人口減少も始まっており、インフラの保守・保全は社会全体の大きな課題と言える。こうした課題解決を支援するものとして注目されている…続き (2013/8/7)

図1 テラモーターズの電動バイク「A4000i」

バイクとスマホ 「必需品」でアジアに挑むベンチャー

 「バイク業界のテスラモーターズを目指す」――。二輪車のベンチャー企業テラモーターズ代表取締役社長の徳重徹氏は2013年7月11日、「iPhone」と連携させることが可能な世界初の量産型電動バイク「A…続き (2013/7/31)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月23日(月)

  • テクノロジー企業の成長率ランキング2017~1位は売上高成長率1,252%のココナラ【トーマツ調査】
  • 「プライヴァシーの死」とGDPR:メディア美学者・武邑光裕による新連載「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」
  • Face IDは今後の生体認証スタンダードになるか?

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月23日付

2017年10月23日付

・ウェザーマップ、PM2.5や紅葉も観測、ひまわり8号画像を4倍に解析
・ソースネクスト、語学ビジネスを拡大 小型の通訳機器発売
・名大、未成長iPS簡単排除 高濃度アミノ酸培地で
・店長の快眠お助け ニューロスペースが吉野家と実験
・リケン、高周波ノイズをシートで抑制 車載電子機器向け…続き

[PR]

関連媒体サイト