2019年7月20日(土)

ボクシング

ボクシング村田、日本選手48年ぶりの金 ミドル級

2012/8/12 6:20
保存
共有
印刷
その他

男子ミドル級決勝、ブラジルのファルカンを下した村田=写真 佐光恭明

男子ミドル級決勝、ブラジルのファルカンを下した村田=写真 佐光恭明

ボクシング男子ミドル級決勝で村田諒太(東洋大職)がファルカン(ブラジル)を判定で下して金メダルを獲得した。日本のボクシング界では1964年東京五輪バンタム級優勝の桜井孝雄以来48年ぶりの金メダル。

第2ラウンドまで9-8とリードした村田は、第3ラウンドに相手の減点もあって14-13で逃げ切った。

村田は10日の準決勝で、アトエフ(ウズベキスタン)に判定勝ちして決勝進出を決めていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ボクシング 一覧

 「いいぞ、いいぞ、ムラタ」。村田諒太選手の母校、私立南京都高校(京都府精華町)では12日早朝、応援のため視聴覚室にボクシング部員や教職員ら約100人が集まった。金メダルが決まると、「村田コール」を繰 …続き (2012/8/13)

男子ミドル級決勝、ブラジルのファルカン(左)を下した村田=写真 佐光恭明

 プロも含めてこんなに新チャンピオンのコールを穏やかに聞いたボクサーは見たことがない。「オリンピックチャンピオン・イズ・ブルーコーナー……」。村田は笑みを浮かべて手を挙げただけだった。48年ぶりのボク …続き (2012/8/12)

男子ミドル級で優勝し、妻の佳子さんと金メダルを手にする村田(12日)=写真 佐光恭明

 両ほほを赤く腫らした顔が達成感に満ちあふれた。48年ぶりの快挙にスタンドは沸き、支え続けた妻、佳子さん(30)は表彰台の最上段で両手を挙げる夫を誇らしげに見つめた。
 照明を落とした競技会場「エクセル …続き (2012/8/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。