/

この記事は会員限定です

「肌研」のヒットで分かった物流のムリ・ムダ

[有料会員限定]
 ロート製薬は、化粧品「肌研(ハダラボ)極潤」シリーズのヒットをきっかけに始めた物流改善で大きな成果を上げている。システム開発を複数のIT企業に打診するときと同様に、詳細な「要求仕様書」を作って複数の物流業者に配布、料金体系や作業品質の改善を求めて契約を刷新した。並行して社内では、各商品の出荷頻度や出荷量を洗い出し、4カ所の倉庫に保管する商品在庫の配置を最適化した。改善プロジェクトは2009年8月にスタート。2008年に8億8000万円かかっていた物流関連費用を、2012年3月までにその3割以上に当たる約3億円削減した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン