/

進化した「iOS」 デザイン改善と使い勝手向上を両立

 この秋、NTTドコモがついに「iPhone」の販売に参入した。これを受け、Android(アンドロイド)搭載スマートフォン(スマホ)や従来型のケータイからiPhoneへの乗り換えを検討しているドコモユーザーも多いだろう。今回は、新モデル「iPhone 5s」「同5c」の登場と同時に刷新されたOS(基本ソフト)「iOS7」のポイントを解説する。iPhoneの使い勝手を左右する基本部分なので、しっかりと頭に入れておこう。

iPhone 5s、同5cの登場と同時にOSも新しくなった。もちろん、基本的な思想は以前と変わらない。iPhoneのホーム画面はアプリが並んでおり、アンドロイドでいうところの「アプリ一覧」を兼用している。

下図の左は、世代が1つ前の「iOS 6」。見た目の印象はかなり似ているものの、アイコンのデザインが一新されたことが分かるだろう。

使いやすさを高めたフラットデザイン

再び上の画面(左)をご覧いただきたい。アイコンなどに影が付いて立体的に見えているだろう。これが従来までのOSで、一方のiOS 7は、立体感を排除した「フラットデザイン」へと生まれ変わっている(右)。

アップルは、見た目の美しさだけでOSのデザインを設計せず、使いやすさにこだわったのだという。不要な装飾を排除することで、シンプルさを極めているのだが、ボタンやメニューの配置、細かな操作性もずいぶん良くなった。結果、OSの画面にも"機能美"が生まれたのだ。スッキリとしていて見やすい画面ながらも、探している機能やコンテンツに自然に指が伸びる。

アンドロイドを搭載したスマホと比べるとやや画面が小さいiPhoneだが、美しくシンプルな最新OSなら、狭さを感じさせない。

ちょっとした設定が一発で

ちょっとした設定を簡単にできるのが、新機能の「コントロールセンター」だ。アンドロイドの「通知パネル」と同じような役目を果たしている。Bluetooth(ブルートゥース)や機内モードのオン/オフ、画面の明るさやボリューム調整などが、以前より手っ取り早くできるようになった。

アプリを快適に切り替えるマルチタスク

スマホでは複数のアプリを同時に起動して使うのが当たり前。アプリを切り替える際に便利なのがマルチタスク画面だ。ホームボタンを素早く2度押すと表示される。起動中のアプリのウインドウが一覧表示されるので、スワイプで使いたいものを選んでいこう。

写真やURLなどを手っ取り早く送る

近くにいる友人・知人に写真やWebページのURL、連絡先などを送る際に重宝するのが、新機能の「AirDrop」だ。例えば写真を送る際にはメールに添付したり、iCloudを使ったりと色々な方法が考えられるのだが、AirDropはとにかく手っ取り早くて便利。目の前にいる人限定で使おう。

新着の情報が自動で届く

iPhoneの画面を上から下にスワイプすると表示される「通知センター」では、新着のメールやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、ニュースや天気予報、株価などあらゆる情報がひと目で把握できる。

iOS 7では、情報を3種類に分類し、まだ見ていないものを「未確認」としてピックアップできるようになっている。

フィルターを付けて撮影

カメラの機能がアップした。正方形(スクエア)の写真が撮れるようになり、機能はスワイプするだけで切り替えられるようになった。写真フィルター機能を有効にすると、トイカメラのようにさまざまな色合いで撮影できる。

なお、バーストモードの連写(1秒間に10枚)、スローモーションビデオ撮影は、iPhone 5sのみが対応する。

年単位の写真を見られるアルバム

撮影した写真がたくさんたまっている人は、アルバム機能を活用しよう。iOS 7では、写真を年ごとに分類して表示できるようになった。さらに、地域別にまとめて表示できる。例えば、「一昨年に行った北海道旅行の写真」という分類が自動でできる。使い慣れると、驚くほど写真が探しやすくなる。

インターネットがより見やすく

iPhoneの標準ブラウザー「Safari」は、機能が大きく進化した。メニューが変わって、検索とURLのフィールドが一体化している。また、右下のボタンで利用できるタブがとても見やすくなり、ずっとスクロールしていくと、他の機器のSafariで開いているページも共有できる。

カレンダーもフラットデザインに

カレンダーも表示を中心に大きく変わっている。月表示のカレンダーに境目がなくなり、次の月も見やすくなった。また、カレンダーの日付をタップすると自動で1日表示に切り替わって、時間割のようにスケジュールを表示する。全体がシンプルなフラットデザインに進化している。

実用的になったSiri

Siri(シリ)はiPhoneに話しかけると、さまざまな情報を教えてくれたり、アプリを開いてくれる音声認識システムだ。

「今日の天気は」「明日は予定がありますか」「○×さんにメールを送る」などと、話しかけてみよう。前のバージョンまでは実用性が低かったが、かなり使えるようになった。音声もより人間に近づいている。

(戸田覚&アバンギャルド)

[ムック『ドコモユーザーのためのiPhone5s/c乗り換えガイド』(日経BP社)を基に再構成]

[参考]日経BPパソコンベストムック『ドコモユーザーのためのiPhone5s/c乗り換えガイド』(2013年10月29日発売)では、主にNTTドコモのユーザーを対象に、この秋発売された新型iPhone 5や最新OSの特徴や機能、さらにアンドロイド搭載スマートフォンからの乗り換え方や設定・活用マニュアル、必携アプリなどを紹介。初めてiPhoneを使うユーザーにも分かりやすく解説している。

ドコモユーザーのためのiPhone5s/c乗り換えガイド (日経BPパソコンベストムック)

著者:戸田覚&アバンギャルド
出版:日経BP社
価格:1260円(税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン