リコー、人材育成でインドの農村に社員派遣

2013/11/12付
保存
共有
印刷
その他

リコーはグローバル人材育成の一環として、発展途上国に社員を一定期間派遣して、滞在先の課題解決に向けた提案をする新しい教育プログラム「R-Bond Program」(Ricoh-Borderless OYAKUDACHI Network Drive)を開始した。その第1陣として社員5人をインド北東部に位置するビハール州の農村に派遣。5人は2013年11月9日から5週間の滞在生活に入っている。

プログラムへの参加者は社内で公募した。希望した社員の中から10人を選び、そのうち5人を第1陣としてビハール州に派遣。第2陣は2014年1月18日に派遣する予定だという。

プログラムは、インドで農村部の経済発展などに取り組むDrishtee Development & Communication社と連携して進める。プログラムに参加する社員は、5週間の滞在期間のうち最初の1週間は、滞在先で生活する上で最低限知っておくべき情報の提供と指導をDrishtee Development & Communication社から受ける。そして、残りの4週間をプログラムの課題、すなわち、「その地域の農業・製造業・小売業のそれぞれについて課題を見つけ出し、それらの解決に向けた提案をする」(同社)活動に費やす。プログラム参加者の提案はその後、Drishtee Development & Communication社に引き継がれる。

同社はこのプログラムを通じて、「異文化の環境下で問題解決の力を養い、異なる価値観の人に影響を与えながら現地社会に『お役立ち』できる人材の育成を目指す」(同社)という。

(日経ものづくり 池松由香)

[Tech-On! 2013年11月11日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]