2019年1月17日(木)

ブラジル・ボンド・オープン、好調の要因はどこに 売れてるファンドはいいファンド?

(1/2ページ)
2012/1/16付
保存
共有
印刷
その他

個人投資家に人気の投信を毎回1本取り上げ、ファンドアナリスト・吉井崇裕がその良しあしを分析する本連載。今回は、ブラジルレアル建て国債で運用する大和証券投資信託委託(大和投信)の「ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)」を採り上げる。

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型) の概要

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型) の概要

類似投信に対する超過リターンの推移  縦軸の単位は%、横軸は年。

類似投信に対する超過リターンの推移  縦軸の単位は%、横軸は年。

純資産残高は6000億円を突破し、ブラジルレアル建て債券で運用する投信として世界最大級の規模を誇る。類似投信と比較した直近1年間のパフォーマンスは8.04%と最も高く、直近33カ月の運用実績も類似投信の平均を5ポイント近く上回っている。

好調の要因は、現地の情報を活用した大和投信独自の投資判断にある。当ファンドは、ブラジルのイタウ・アセットマネジメントから投資助言を受けているが、その内容は現地のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)が主であり、投資判断は大和投信が独自に行っている。2011年夏場は、南欧の債務危機拡大や現地の市場心理悪化から金利低下を予測し、金利低下に強い銘柄に入れ替えたことで類似投信の実績を大きく上回った。

債券種別構成比

債券種別構成比

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報