「十字架委員長」河上丈太郎(5) 社会党統一に全力尽くす
特別編集委員 安藤俊裕

2011/1/16 12:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1953年(昭和28年)1月の右社党大会で委員長に再選された河上丈太郎は左右社会党の統一に全力を挙げるようになる。すでに政界復帰した時から河上は「必ず社会党統一を実現する」という強い決意を固めていた。手始めに右社は左社に対して国会共闘を申し入れた。折から2月の衆議院予算委員会で右社の西村栄一の質問に吉田首相が「バカヤロー」と口走ったため政局が紛糾。与党内の鳩山派と広川派が造反したため、野党の左右…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

これまでの「政客列伝」

電子版トップ



[PR]